CBDオイルはキマらない!THC+CBDはキマる。体験談+研究結果

流行りのCBDオイルを使ってみましたが、そこらのハーブティーを飲んだ方がよっぽど心に作用します。こんなオイルが大麻だと思われては、大麻も泣きますね。

危険なCBDオイルに気を付けて!

大麻をそのまま吸ったり食べたりするのが自然なのに、わざわざ大麻を「精製」し、THC+CBDを分離させ、まったくキマらない(覚醒しない)訳の分からない高額CBDオイルが日本各地で出回っています。

CBDにも依存性があり、医療ビジネスと同じく金になるので、CBDを取り扱う業者は近年急激に増えています。

しかし、こういった業者が売っているオイルは「CBD数%+ケミカル」で「精製」されているので、CBD以外に何が入っているのか不明です。購入者の依存性を高めるのが「ビジネス」だと考えると、高依存性成分であることは間違いないでしょうね。

酷いものだと大麻ではなく石油から合成された見せかけCBDも出回っていますので要注意です!

植物を精製や分離させるのは西洋医学・植物を精製せずにそのまま活かすのが東洋医学

まだあの白い粉や、病院や、製薬会社を信じているのですか?

西洋医学(精製)が入ってくるまでの日本は、無病・平和・愛そのものでした。大麻も日常に存在していましたし、蓮や琵琶など万病に効く草木が日本中至る所に存在し、日本人の心身の強さを保ってきました。

しかし明治維新から、西洋医学・農薬・化学調味料・水道添加物・遺伝子組み換え・肉食・薬事法などの文化が日本に入り、日本人の心身は壊れ、精製された白い粉や錠剤に依存するという悪循環が始まりました。

精製(薬)に愛はありません。悪意の極みですので、CBDをはじめ医療ビジネスの餌食にならないように気を付けてください。

共に、大麻合法化を願い、太陽いっぱいに浴びた本来の大麻の香りと覚醒を経験してほしいと願います。

海外はTHC+CBDオイルどころか大麻草の個人栽培・嗜好品利用もOK

海外ではすでに多くの国が大麻の素晴らしさに気づき、大麻合法化が行われています。日本だけこれだけ厳しくTHCを取り締まる理由には悪意しかありません。

大麻はすべての病に有効ですから、大麻を合法化すれば医療が崩壊してしまいます。そうなると、「国の最も大きな資金源」が無くなり、日本を労働奴隷としている支配者たちが困るという訳です。

一部の国でも医療が大きな悪の資金源となっているため、医療崩壊を逃れるため、大麻=課税の方向に進んでいるようです。日本もその流れに乗るのではないかと予想できます。

いずれは、かつての地球のように、だれもが自由に大麻を活用できる時代が来ますけどね。

それでもCBDを使いたい人へ

精製されたCBDでも太陽の下無農薬無肥料で育てられた大麻を使い、純100%のオイルであれば、許容範囲ですかね。覚醒しないため意識世界の探求は出来ませんが、身体と心にとてもやさしい成分であることは間違いありませんから。

以上、CBDオイルのアンチでした(ごめんなさい)

※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動は現在していません。

 

放浪者の圧倒的な世界観

10年間で7千万人が読んだ日記

7歳でザック1つ背負い世界に飛び出した少女、現18歳。無帰宅10年間の世界放浪で見てきた風景と人々。



放浪者~Noeの日記は「こちら