日本での大麻の買い方「入手方法」プッシャー(売人)は消滅、悪友繋がりに限る

私は、大麻が香り大麻への偏見が少ない位置を旅してきました。そのため様々なドラッグ売人(プッシャー)の繋がりを持ち、この裏社会の事はおおよそ熟知しています。もちろん海外生活が長かったので大麻の素晴らしさは身をもって知っています。

しかし年々警察の取り締まりが強くなり、次々に友達が大麻所持法違反で逮捕され、とても悲しい経験もしています。そのため私は現在日本で大麻取締法に反する活動はしていません。

現在は合法的に大麻の代用にできるような「ハーブティー」や「ハーブ香」の開発に取り組み、大麻依存者が少しでも減る世界を目指しています。

※注意:写真は僕ですが、吸ってるのはただのタバコです笑

令和時代版:日本での大麻(マリファナ)の入手方法「買い方」を暴露

もう25年くらい前の大麻・ドラッグ事情から話を進めていきましょう。私は10代~20代前半の頃は「夜の仕事」をしていたので、当たり前のように違法ドラッグ~合法ドラッグの世界に足を突っ込んでいました。(もう家族子供もいるので足を洗っています)

そう、この時代はまだドラッグの世界も「自由」でドラッグ遊びは若者にとっては日常でした。警察もこの時代は悪い奴も多く、賄賂でスルーなんて話もよく聞きましたし、深夜の公園に行けば外国人売人(プッシャー)がウロウロ沢山いて、丁寧に巻き巻きしたジョイント一本が1000円~2000円位で気軽に買える時代でした。

クラブに遊びに行けば、LSD・MDMA.マッシュルーム・大麻なんかは気軽に手に入りましたし、コカインや覚せい剤なんかの密売人も結構な数が居ました。

しかし90年代後半あたりから、見せしめで芸能人たちが次々に違法薬物で逮捕され、警察の取り締まりが強くなり、売人(プッシャー)たちの姿が消えていきました。その後も合法ドラッグの規制も強くなり、覚醒するドラッグはほぼ道端やクラブで入手することが出来なくなりました。

しかし、その世代の人たちがドラッグを素直に辞めたのかと言えばそうではありません。知っての通りドラッグは辞められない止まらないモノですので、当時の繋がりを大切にしながら、表沙汰ではなく裏側の流通ルートを大切にしながら、今もコソコソと楽しんでいるのです。

この裏側の流通ルートは「ヤクザ屋さんつながりの直通ルート」と「個人~少人数で栽培している悪友ルート」であり、現在は新規で売人(プッシャー)を探すのはほぼ不可能な程に取り締まりが強くなっています。

現在のドラッグの流通ルートは今やとても希少であり、過去の時代から守られてきた希少な流通ルートを守るためには、新規のどんな奴だかも分からないような人にルートを漏らす訳にはいかず、やはり信頼のおける悪友同士でしか回さないというのが今のドラッグ事情になります。

なので、今の時代に新規でクラブに遊びに行ってもお声は絶対にかかりませんし、夜な夜な公園をウロウロしていても警察に補導されるだけですし、悪そうなニーチャンに勇気を出して声をかけても決してドラッグの事は口に漏らしません。

警察沙汰にも顧みずどうしてもドラッグ遊びをしたいという人は、悪友を沢山作り、逮捕されても絶対にルートを喋らないという信用を得る必要があります。しかし、くどいですが今の警察はとても強いので、売人たちの口も堅く、なかなかこの裏社会へのルートに乗ることは難しいと思います。

それに加え、夜遊びする場所も減り、ヤンキーも意識統治され限りなく減り、訳の分からない新世界秩序で他人との接触もできないような世界になり、悪友を見つける事自体が困難な時代だと感じています。

現在のクラブ&音楽イベント事情とドラッグ流通ルートの話

自由な世代を歩いてきた大人が経営するクラブやイベント会場にはまだまだ大麻が香る。

そりゃそうだ、ドラッグは辞められない止まらないものだから、流通ルートが見えないだけで、実はキマッテる人口はまだまだ多い。

音楽を好きになり、こういった「大麻が香る場」で悪友を増やし仲を深めていけば、そのうち大麻の話も出てくるだろう。なぜなら大麻を好きな人間の多くは、この素晴らしさを世に広めたいという思いを持っているからだ。

悪友が見つからなくても入手方法は一応ある

ここにたどり着く人はおおよそ知っていると思いますが、今海外は大麻天国になりつつあります。自由に嗜好品大麻が買える国も増え、それを目的に海外旅行に行く日本人も増えてきています。

そして、大麻の種子に関しての法律は今現在日本ではまあまあ緩いので、こっそりと種子を日本に届け、栽培するという方法があります。もちろん大麻栽培がバレたら重~い刑罰が待っているのでそこを理解したうえでという事になりますが。

ちなみにネット上で大麻種子を販売している怪しい業者が増えていますが、そこは慎重に、法律的にも詐欺的にもとても危険なにおいがしますので、よく考えてむやみに手を出すのは絶対にやめましょう。

もう一つの方法は「自生大麻を探す」方法です。GHQ統治後の日本の大麻は無残にも火炎放射器でほとんど焼かれてしまいましたが、南国の海の方や、北海道の山の方には流石に警察も足を踏み入れることが出来ず、自生大麻がまだまだ生い茂っています。自然を好きになり山を好きになり、研究を重ねていけば、意外にも簡単に見つける事が出来るでしょう。

所持をせず、吸うだけなら今のところ日本も合法ですからね。経験は可能です。

 

放浪者の圧倒的な世界観

10年間で7千万人が読んだ日記

7歳でザック1つ背負い世界に飛び出した少女、現18歳。無帰宅10年間の世界放浪で見てきた風景と人々。



放浪者~Noeの日記は「こちら