世界放浪

  • Noe,  世界放浪

    三角窓の先にある風景

    お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう”と言う。 次に会う事はもうないと分かっていても、お互いに”また会おうね”ってハグをする。 空冷フォルクスワーゲンの窮屈なトラン…

  • Noe,  世界放浪

    常識を破壊して踊り続けよう!

    なんにも考えないで、音楽に身を任せ一日中踊り続ける。 そのうちに、30年間脳に詰め込んできた、つまらない常識たちがガラガラと音を立て壊れ、 脳ではなく、魂レベルで自分の行きたい方向が見えてきた。 自由でいいんだ!

  • Noe,  世界放浪

    人生について深く語り合った場所

    洒落た音楽と踊りを見ながら、ハイソなBERの窓際でワインを交わすのもいい。 だけど僕らは、地べたに家族で座り込んで、サンセットと対岸に光り輝く大聖堂を眺めながら、缶ビール片手に乾杯しているほうが似合ってる。 人生について…

  • Noe,  世界放浪

    アミーゴ

    アミーゴ 俺はこの町から一歩も出た事がない 外の世界はどうだ? 輝いている人間は世界にどれくらい居るんだ? お前の目には俺は輝いて写っているか?

  • Noe,  世界放浪

    旅人の歌について

    旅人の歌は、今の人生にどこかもどかしさを感じているけど、身動きが取れない大人たちに捧げる、ノンフィクションの冒険記です。 初めて世界一周をした時に、感じたことを綴ったものです。 当サイトで使われている全ての写真は私たちが…

  • Noe,  世界放浪

    旅時間

    あんまり時間がゆっくりしているものだから、 一日中、川のほとりで昼寝をしてみた。 目を覚ます度に太陽の位置が変わっているものだから、 その都度日陰に移動する。 そのうちに夜になっちゃった。

  • Noe,  世界放浪

    すべての音がアート

    この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし! だから僕たちもアパートの部屋の窓を全開にして食卓を囲む事にした。 単純に、爽快だった、人々の生活の音が心地よかった。 近所の話し声、食器を洗う音、子供の泣…