Noe,  ヴィーガン

私がヴィーガンになった理由:宇宙からのメッセージ – 生き物を殺すな

動物を飼った事がある人、動物が好きな人なら理解できると思います。

動物にも「感情がある」という事を。

動物と人では言語が違うため、言葉は通じません。人のチャンネルと近い犬や鳥、ねずみなんかは、こちらの言語を覚えてくれるので、多少の意思伝達(お互いの感情伝達)は出来ます。

例えば犬に、こら!と怒れば、相手は悲しい気持ちになり尻尾を下げる。よしよし!と言えば、相手は心を開き甘えてくる。

言葉が難しければ、手を使ってあなたの意思を伝えてください。優しく撫でてあげると、相手は心を開き甘えてくる。逆に強く叩いたりしたら、相手は心を閉ざし近寄ろうともしない。

これはすべての動物に言える事です。生き物の脳の大きさで「感情の違い」は現れません、感情は脳ではなく心にあるためです。人も動物も虫も皆「感情の性質は同じ」です。

感情とは、心の中心に存在する「嬉しいか嬉しくない」の「二つ」の意識です。その意識が様々な「経験により断層化」していき、「とても嬉しい、とても嬉しくない」という進化した感情を持つようになっていきます。

「感情は、経験により断層化して進化するなら」人のほうが動物より計算能力が早いため経験値が高く、感情が豊かだと勘違いする人もいます。

しかし、感情が求める豊かさとは、「より多くの嬉しい気持ちを持続」することで、動物も人間も変わりません。

そして、その嬉しい気持ちに包まれている「時」は「愛」に包まれている時と同じであるという事も思い出してください。

動物たちは、人とは違う語源を使い、お互いに愛情表現をしたり、相手を気遣かったり、相手を心配したり、思いやりを持って相手を癒してあげたり、子供が生まれることを喜んだりします。

それは、言葉を通さなくても、例えば以下のような経験で確認できます。

  1. 巣から落ちたヒナを助けるために、親鳥を含めた近隣の鳥たちが、カラスなどの敵から守ろうとする行為。
  2. 家族兄弟、仲間同士たちが、相手の嬉しい気持ちにこたえ合う毛づくろい。

もちろん中には、「人間のように」縄張り争い(食べ物の奪い合い)のために、他の動物を殺す種も存在します。

そう考えると、人と動物の感情に差はほとんどない事が分かります。

また、生き物を殺さない草食動物たちは、私たち人間よりもはるかに感情が豊かで、愛に満ち溢れている生き物と言えます。

その動物たちを、人間は畜産によって増やし食べたり、遺伝子を組み替えてより人間にとって美味しい肉に換えたり、しています。

事実を知ったため、悲しい気持ちを無視できなかったため、私たちはヴィーガンを目指しました。