Noe,  世界放浪

三角窓の先にある風景

お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう”と言う。

次に会う事はもうないと分かっていても、お互いに”また会おうね”ってハグをする。

空冷フォルクスワーゲンの窮屈なトランクに四人分のバックパックを詰め込み、次の町へ向かった。

三角窓の先にある小さなミラー越しに、数分前まで住んでいた町が映る。

そして、瞬く間に小さくなって、消えた。 次の町では、どんな風景や人たちが僕らを待っているのだろう。

コメントを残す